膝への施術内容

何故治り辛い人がいるのか

膝の痛みが治り辛い原因は3つあります。

1.歩くたびに壊している
2.関節を守るために必要な筋力が無い
3.そもそも負担が大きい
それぞれ解説していきます。

まず一つ目は、歩くたびに膝を壊しているです。
変形性膝関節症では、O脚になっている方が多く、足を着くごとに膝がぐらぐらし、このぐらぐらする度に膝を壊しているのです。(このぐらぐらをラテラルスラストと呼びます)
見た目は全く丸くなっていなくても、足を地面につくたびに膝がぐらぐらしています。
こういった方は、まずこのぐらぐらを止めないと悪化していきます。
このぐらぐらの程度によって当院ではぐらぐらの止め方を考えていきます。

次の原因は筋肉が弱くなっている事が挙げられます。
膝が痛くない時にも膝には様々な負担がかかります。
その時に筋力が弱いとぐらぐらするものなのです。
ですから、悪い時には余計に膝を守る筋力が発揮できるようにしなくてはいけません。
しかし、この筋肉を働き出させるにはかなりコツが必要で、何故かというと滑走不全と言う筋膜の特殊な障害と、膝の前側の組織が固まってしまいやすい事が挙げられます。

そして最後に、姿勢からくる負担の増大です。
膝は足と体幹の間で体重を支えています。
ですから、姿勢の影響を受けやすく、その事を述べている論文もございます。
ですから、当院ではこの姿勢の悪化を改善していく手技も行っていきます。

何故良くなるのか

変形性膝関節症になる方は特徴的な姿勢が2パターンあります。
ですので、この二つの姿勢を改善していきます。

歩く際に足の誘導をしている筋肉を親指で刺激し、機能を回復させていきます。

膝の前腿の筋肉が使えるように改善していきます。
その際に滑走不全といって、癒着しやすい場所の癒着をチェックし、滑走不全があれば改善する手技を行います。

膝のお皿(膝蓋骨)の周辺が固まり、様々な機能不全を起こすことが多いので、膝蓋骨ストレッチという手技を用いて伸ばしていきます。

膝裏の筋肉I(膝か筋)は、膝の安定性や歩行に関係する筋肉なので特殊な刺激法を用いて機能を回復させていきます。

必要に応じて固定やテーピングを施します。

状態に合わせたエクササイズをお伝えし、次の来院の目安をお伝えします。

様々な膝の痛み

変形性膝関節症
膝関節捻挫
半月(板)損傷
膝靱帯損傷
膝離断性骨軟骨炎
オスグッド病
スポーツによる膝の慢性障害
膝蓋骨脱臼
腓骨神経麻痺
O脚・X脚

【症状】 【店舗名】

 様

こちらに出会いその悩みも解消されました。

【症状】背中の痛み 【店舗名】

飯嶋秀子 様

2020.12.19

飯嶋秀子さん

※効果には個人差があります

グループ院紹介

東京都

大森店

〒140-0013
東京都品川区南大井6-17-14 曽根ビル2F

03-6410-8178

> ネット予約

東京

立川店

〒190-0023
東京都立川市柴崎町3-4-17岡部ビル4階

042-506-1210

> ネット予約

東京

町田店

〒194-0013
東京都町田市原町田6丁目11−16 青葉ビル2F

042-707-6080

> ネット予約

東京

表参道店

〒107-0062
東京都港区南青山6-2-10

03-6805-0616

> ネット予約

埼玉

大宮駅東口店

〒330-0846
埼玉県さいたま市大宮区大門町1丁目92−7 ハイカラ堂ビル 4階

‭048-788-1405‬

> ネット予約

千葉

西船橋店

〒273-0031
千葉県船橋市西船4丁目22−5 マスタンビル弍号館5階

047-404-4203

> ネット予約

大阪

難波店

〒542-0077
大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目10−7 WEED21ビル2階

06-4256-3344

> ネット予約

福岡

天神店

〒140-0013
福岡県福岡市中央区今泉1丁目21−9 クーテンビル 2F

092-713-6740

> ネット予約

福岡

イオンスタイル笹丘店

〒810-0034
福岡県福岡市中央区笹丘1丁目28-74 イオンスタイル笹丘 2階

092-753-6263

> ネット予約